シールピール使用方法
安全な材料で高品質な製品を提供するシールピール専門メーカー
サイトマップ 個人情報保護指針
Home 製品情報 会社案内 お問い合せ
 Let`s try soon .                                 


                                  専用タンクをつかった簡単な作業の流れ      


              タイプ  1  (セルロース)      

                                                  
              部品の前処理は必要です。

             部品等の油分、ゴミ、指紋などが付着していると錆発生の原因になりますので浸漬(dipping)する前に

             有機溶剤や指紋除去剤(シールコート85)で部品を奇麗に清浄して から作業を始めて下さい。

           火傷防止の対策として、作業時に手袋(軍手等)や前掛けなどの保護具を着用すること。

    屋外または屋内の換気の良い場所で使用し屋内作業では、局所換気装置(ダクト等)を設け火気厳禁とする。
       
           1

  
 始めに電源を入れると赤の
 ●ランプが点灯します。。

 シールピールを小片にカットしてタンクの
 8分目から9分目位を目安に槽の中に入れる。

 次に黒色のサーモスタットを180℃~190℃に設定すると緑の
 ランプが点灯します。

 上フタをしてそのまま2時間程待ちます 。タンク内では固形から液状に融けています。



      



 ● 浸漬作業以外は上フタを必ずして下さい。
 ●  タンクの液面が半分になると、側面の壁から煙が出やすいで、
     槽の液面は常に8分目から9分目に保つ補充する。


 2

 

 浸漬する部品を用意して下さい。

 フタを開けら、溶けたシールピールを金属棒で上下撹拌して均一にする。

 部品を5~10秒間  漬けて(dipping)泡がたたないようにそっと部品を引上げる

 全体を被覆する時は紐や針金を利用する。



       


 3

 

 液の垂れは、タンクの内側のかどのエッジ部分を利用して切る。
 

 液垂れ泡は金属棒ではじに寄せる。

 60秒で防錆硬化膜が形成し簡単に包装が完了。

 ある程度、液面が減ってきたらカットしたシールピールをはじに補充する。

 いつでも輸送または保管対応 
すぐに部品を使えるのが特徴。  
 



       


 ● 作業完了後は安全のために、電源を必ず切って下さい。
 ● タンク内のシールピールは固まります。次回は固まった状態からまた融かします。

 ● 複雑な形状の部品の被膜はカッターで切り込みを入れると容易に剥がれます。
                                                                    
                      



                       図解による正しい使用法の説明

                     
         
                 長時間、熱を加えられている溶解タンクの内槽の壁面は、焦げた堆積物が付着して

                 黒くなり、温度が正確に伝わらない状態ですので、3ヶ月毎または6ヵ月毎に,必ず

                 金属ヘラを利用してタンク内の底面・側面の清掃をして堆積物を取り除いて下さい。


                タンクのお掃除を怠るとトラブルの原因になります。

                   Dipping作業が上手に出来ない時はQ&Aを参考にしてください。












                                        輸送時の打痕防止に最適

                                       
                                        ピストンヘッドをSP-25でコーティング

      シールピールのページ



このページの先頭へ

株式会社大京化学 〒144-0044 東京都大田区本羽田2-9-20
 DAIKYO CHEMICAL CO.,LTD